« [yogalog]心の硬さ=体の硬さ part1 | トップページ | [yogalog]心の硬さ=体の硬さ part3 »

2015年6月 8日 (月)

[yogalog]心の硬さ=体の硬さ part2

私は常々、心の硬さは体の硬さのあらわれだと思っている
思い込みを手放して、自分を緩めてヨガをやってほしい
 
てことで、まさかの!続きました!
part2!
 
体を激しく動かして汗をたっぷりかかないとヨガをやった気がしないという方が
まだまだ沢山いるが、それは違う
 
怪我した人はヨガできない?
体が弱い人はヨガできない?
心臓が弱い人はヨガできない?
お年寄りはヨガできない?
 
いやいや、
体を授かって生まれてきた以上、呼吸ができる限り、誰でもヨガはできる
Yoga09
 
体の各部位は一見、離れているように思えるが、
筋膜を通じて、縦横無尽に何重にも重なり合って互いに繋がりを持って
全身に張り巡らされている
 
たとえ怪我をしていても、
怪我したところはもちろん安静に動かさず、
動く部分に意識を向けて、呼吸とともにゆっくり動かすと
全身は繋がっているので細胞が活性されて、治癒力も高まる
 
体が弱い人は、きっと丈夫な人より自分の体に目を向ける時間が多いだろうから、
上手に体と会話することができて、
むしろ健康な人より、すんなりヨガを感じやすいだろう
 
Yoga07
ヨガは
体を激しく動かさずとも、
汗だくにならず、ほどよくじんわり汗ばむ程度でも
体を感じ、呼吸を丁寧に繰り返すことで、十分ヨガを深めることができる
 
もちろん、汗はかけないよりは、かいた方が良いです!
汗に関しては、
量より質をみてください
 
質の良い汗は、
汗腺が正常で、臭いもきつくなくて、サラサラしている
質の悪い汗は、
汗腺がしっかり機能しておらず、汗臭く、ベトベトしている
 
汗がかけない、ベトベトした汗をかく、という人は
ヨガにきちんと取り組むことで、体質を改善できます
新陳代謝を高めて、サラサラ汗をかけるように
 
どうか汗の量に囚われないで
そんなぞんざいなヨガではなく、
もっと自由に、もっと視野や気持ちをオープンにして受け入れる状態を作る
Yoga03
すると、ぐっとヨガが深まります

« [yogalog]心の硬さ=体の硬さ part1 | トップページ | [yogalog]心の硬さ=体の硬さ part3 »

yoga」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1987966/60353093

この記事へのトラックバック一覧です: [yogalog]心の硬さ=体の硬さ part2:

« [yogalog]心の硬さ=体の硬さ part1 | トップページ | [yogalog]心の硬さ=体の硬さ part3 »