« ポパイ | トップページ | けなげ組 »

2015年3月14日 (土)

カラダが硬い=ココロはもっと硬い

ヨガティーチャーでも、あまり好きじゃないアーサナもある。
(アーサナとは、ポーズのことだよ)
 
でも、好きになる瞬間がある。
その瞬間が最高に嬉しいし、最高に気持ちがいい。
 
このアーサナ。
〚リヴァース・ウォーリア〛
Reversewarrior
 
上体を反らせた時の腰周りが不自然で 、
なんとなく詰まりを感じて、心地良くなくてあんまり好きじゃなかった。
 
今日は、意識をもっともっと広げてみる。
 
引き上げた手の指先、
見上げた先の手の平や空、
頭の重さや首、
伸ばした腕や肘、
引き上げられて開く胸やお腹、
ひき締まるお尻、
曲げている前足、膝、太もも、
伸ばしている後ろ足、
添えている手、
大地を踏みしめている左右の足裏、
足裏で感じる重心
 
全身を体の奥から繊細に感じながら、
そのひとつひとつへ呼吸を送り込む。
 
すると、
詰まっていた腰回りがどんどん緩まり、
しなやかに反ることができ、より胸が開いていく。
 
胸が開くと、呼吸が深くなる。
 
アーサナが身体に浸透していく。
気持ちがいい。
 
H1_2
 
はー、
ようやくリヴァース・ウォーリアが体と共鳴してくれたー
 
心が解放されていく
 
知らず知らずに勝手に頑なになっていたことに気づく。
 
この自分の身長ほどのマットの上で、無限大の可能性を味わうことができる。
 
自身を外側から見つめ、気付きを得ることができる。
無意識に握りしめていた感覚を手放すことができる。
 
ひとつまた、受け容れることができるようになる。
ひとつまた、あたたかく、やわらかく、しなやかになる。
 
H2
 
カラダが硬い=ココロはもっと硬い
 
頑なで、手放さない。
 
疲れや緊張やストレス、原因は色々あるだろうけど、
いろんなものを受け容れることができなくなっているとき、
身体はとても硬い。
胸も肺も広がらないから、呼吸も浅い。
呼吸が浅いと、自律神経が乱れ、イライラして心に余裕がなくなる。
 
本当に体と心は繋がっている。
 
身体硬くてヨガなんて絶対ムリーって言ってるそこのあなた、
心はやわらかい?

« ポパイ | トップページ | けなげ組 »

yoga」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1987966/59265580

この記事へのトラックバック一覧です: カラダが硬い=ココロはもっと硬い:

« ポパイ | トップページ | けなげ組 »