« ‘meicoyoga 8月スケジュールのお知らせ’ | トップページ | 釣りバカ登場 »

2014年8月 3日 (日)

【YOGALOG】シャバアーサナ篇

毎回、必ずヨガの最後に行うのが、シャバアーサナです。

〈シャバ〉とはサンスクリット語で「屍、亡骸」という意味。

シャバアーサナが一番楽で簡単だわー、という言葉を何度か聞きましたが、
いやいやいや、このポーズこそが一番難しい!

屍のように力を抜いた状態で横になる。

これが簡単にできますか?
全ての力が抜け、重力に任せた屍は、首や腰や足などの後ろに隙間ができることなく、
背面がべったりと地面についています。
そんな状態にできようか、否、できません。
できないんだけど、シャバアーサナでは、
限りなく力を抜いて重力に身を預けた状態に持っていきます。

私たちは常に何かを意識していて、”DO”にある状態、
これを最後のシャバアーサナで”BE”に近い感覚を養う。

仰向けになり、両手両足は自分の心地良いと感じる程度に開き、
身体の中心線から均等になるように置きます。
手の平は上向きに。
身体的にも静かになるように、
感覚器官も鎮まるように、
頭の中を空っぽにして、リラックスしていきます。
雑念が湧いても、ただそれを感じ、ありのままの状態を受け入れていきます。

身体の力はどこにも入っていなくて、
脳は寝ているわけではないけど考え事をしているわけでもない。

これは難しいでしょー。

しかし、侮るなかれ、
難しいだけあって、このシャバアーサナが完璧に出来るようになると、
約15分のシャバアーサナで、
なんと、一晩の睡眠に匹敵する疲労回復効果があると言われています。

○シャバアーサナの主な効果○
脳を休める、疲労回復、頭痛や不眠症の緩和、ストレス軽減、身体の緊張緩和、血圧低下の促進

ヨガには「プラティヤハーラ(制感)」という言葉があります。

サンスクリット語で「向けて集める」という意味。
外側へ向かう心や感覚を、対象から離して、自分の内側へ向ける。

この制感力は、呼吸とともに身体の筋肉や骨やそれらの緊張や弛緩を、
体内を流れる血液やリンパ液を、意識を向け繊細に感じながらアーサナ(ポーズ)を取り、
身体をコントロールできるようになることで高まります。
この制感力が高まった一番最後だと、シャバアーサナに入りやすくなります。

また、沢山とったアーサナの効果をカラダに浸透させてくれる効果もあるシャバアーサナ。

私が以前通っていたヨガスタジオでは、
シャバアーサナになるといきなり起き上がって帰る人が続出。
先生も静かにそれを見守ります。
なんで??
びっくりでした。
すごーーくもったいない。

meicoyogaでは、そんなの許しません!

シャバアーサナは心身を整える最後の大事な時間。
ぜひmeicoyogaでは、極上のシャバアーサナを味わってください☆

シャバアーサナって、ヨガの中でも本当に本当に大切だから、
簡略できず、伝えたいことあり過ぎて、長くなってしまいました。
いやはや。

« ‘meicoyoga 8月スケジュールのお知らせ’ | トップページ | 釣りバカ登場 »

yoga」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1987966/57249215

この記事へのトラックバック一覧です: 【YOGALOG】シャバアーサナ篇:

« ‘meicoyoga 8月スケジュールのお知らせ’ | トップページ | 釣りバカ登場 »